日语论文范文:中国遼寧省営口市の観光と文化 - 日语论文网
收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

要旨:私のふるさとは遼寧省の営口市である。本稿は遼寧省営口市の観光と文化の関りをめぐって、論述を展開しよう。まず、営口市の概況を紹介する。営口の地理環境と歴史、現状を簡単に説明する。営口は海浜都市であり、海の恵みによって特色のある地方文化を形成してきた。そして、営口は悠久なる歴史を有している。新中国成立以来、特に改革開放政策を実施して以来、営口は飛躍的な発展成果を遂げてきた。第二章で、営口地方文化を少し説明し、主な観光地を切り口にし、地方観光文化を探究する営口は渤海に面しており、古くより海に恵まれている。海の恵みによって、次第に独自な地方文化を形成していく。営口で、今日に至るまで、海湾観光文化と望児山母愛文化などを形成してきた。また、亀石滩、金牛山猿人遺跡、温泉療養などのように地方特色のある観光地が存在する。これらの地方観光文化は観光業の発展を促進する。同時に観光の発展も地方文化及び民族伝統文化の保存に寄与できた。第三章で、少し営口市の観光文化業の見込みを展開する。今、営口市観光業の問題点をとその対応策を少し検討する。営口市の観光文化業は明るい未来を持っているが、問題点も抱いていると思う。営口観光業のために今の問題点に対して、対応策を提起したいと思う。多方面からの資金導入、観光イメージの重視、観光市場の合理的な位置付けなどを検討する。

観光業は一都市の発展を大いに促進することができると思われる。営口市が天然環境に恵まれ、優良な観光資源がたくさん存在し、便利な交通を持っている。営口の観光業は地方特色文化と結び付け、後の発展における新しい注目点になると考えている。

 

 

 

 

 

 

 

中国遼寧省営口市の観光と文化

はじめに

 営口は遼寧省の重要な都市である。悠久なる歴史文化を有し、観光業は大きな発展を遂げてきた。本稿は営口の観光と文化を少し紹介しようと考えている。また、観光業発展のために私見を述べる。

一.営口の概況

1.1地理環境

私の故郷は中国遼寧省の営口である。営口市は遼東半島の北西部に位置しており、東経122°12′、北緯40°41′であり、渤海の遼東湾に面し、錦州、葫芦島と海を隔て、相望んでいる。南は大連、西は渤海、北は広い東北平野につながり、中国七大川である遼河がここで渤海に流れ込んでいる。

営口は中国の沿海開放都市であり、站前区・西市区・老辺区・魚圏区、営口県・蓋県の4区2県からなっており、4区2県は同じ資格となっている。営口の地形は東南から北西へと傾斜し、低い山、丘陵、平原と三種類の地形にめぐまれ、東西の幅は50.7キロメートル、南北は111.8キロメートル、総面積は5401.8平方キロメートル、海岸線の長さは96キロメートルもあり、総人口は222万人にも達した。そして、営口港と営口新港の二つ港があり、全世界と繋がっている。交通網も中長鉄路(大連ー満州里)、高速道路(沈陽ー大連)、哈大道路(ハルビンー大連)、庄林道路(庄河ー林西)が営口境内を貫通している。南には大連周水子空港、北には沈陽桃仙空港があり、十分便利な交通ネットに恵まれている。

営口市は天然資源が豊富で、主要なものはマグネサイト、タルク(滑石)、ホウ素、金、鉄など31種類の鉱物が埋蔵されており、マグネサイトの埋蔵量は世界でもトップクラスであり、タルク、ホウ素は中国のトップクラスである。

 

また、農水産業としては果物(りんご・桃・すもも)、米、大豆、とうもろこし、各種水産物(くらげ・ハマグリ・大正海老)が多く収穫されている。工業は軽・紡績工業都市として中国東北部の重要な位置を占めている。特に紡績、メリヤス、捺染、楽器、機械加工、洗濯機などの生産は全国レベルで、製紙、マッチ、タバコ、塩などとともに重要な輸出品となっている。

1.2歴史と発展現状

営口は悠久なる歴史を有している。営口にある金牛山遺跡は今まで、ほぼ28万年になり、旧石器時代における人類の知恵と創造力を物語っている。また、営口で発見されてきた石棚という建物は新石器時代末期のものであり、多くの考古者の関心を呼んでいる。

営口は戦国時代に燕国に属し、秦漢時代に入ると、遼東郡に統轄されたという。三国の時に営口は遼口と呼ばれ、東晋で歴林と称されたこともある。唐以降、北方にいろいろな少数民族が住んでいるために、営口で少数民族の政権統治が絶えずに更迭していた。清に入ると、清政府は山東省から庶民を集め、営口で遊牧させ、当地で防守尉を設けたという。

1861年5月24日に、営口は東北地方における初めの開放海港となり、これ以降、営口の歴史が大きな変転を迎えてきた。営口は海港の優位性を利用し、大きな発展を遂げてきた。約半世紀にわたり、営口港の貿易が東北地方で非常に発達していた。営口の貿易繁栄は20世紀初期の大連港開発のために次第に消えていったのである。営口は大連誕生以前に中国・東北の玄関口として栄えたと言われている。

新中国成立以来、特に改革開放政策を実施して以来、営口は飛躍的な発展成果を納め、都市全貌が大きく変わっていた。今まで、営口港は40カ国と地域の140カ所の海港と航路を結んでいる。年間の貨物取扱量は1億余トンである。営口は今、東北地方の第二大港で、中国の第十大港となり、中国東北地区、ロシア中部と東部、モンゴル及び中国内モンゴル等の広範囲における産業物質の集散地として、一つの主要国際港となりつつあります。1992年に営口開発区が設けられ、たくさんの海外投資を誘致してきた。1992年に、全国投資

 

 

環境40優秀な都市の系列に入りました。将来的には、輸出加工中継貿易、国際金融、科学技術開発、陸海空輸等の総合的経済技術開発区を目指している。営口は地理位置の優位性を利用し、既に軽工業、紡織工業を主として、機械、電子、石油化学工業、医薬、冶金、建材、家電等完備している工業都市になった。全市は、37業種、3000以上の企業、1700種類以上の製品があり、経済面においては輝かしい成果を収めてきた。また、営口は海に恵まれ、地元の海浜文化特色をもって、観光業の発展をも積極的に推し進めている。本稿は次の章では、主に営口の観光と文化をめぐって、論述を展開しよう。

 

二.営口の観光と地方文化

2.1海の恵みと地方特色文化の形成

営口は渤海に面しており、古くより海に恵まれている。ここは海洋性の特徴をもつ温帯大陸季節風の影響で、冬に厳寒がなく、夏に酷暑もない四季のはっきりしたところである。土地が肥沃であり、水域面積と林地面積が広い。水稲、果物及び水産品が豊富に産出される。営口は「魚米の故郷」と「果物の故郷」と賞賛される。

営口は海の恵みによって、次第に独自な地方文化を形成していく。住民たちは海洋資源の開発過程において、海浜特色を帯びた地方文化を創り出した。営口では、天然な海湾がたくさんある。人々が長期にわたり、海湾の近くに暮らている。これで、多くの海の伝説が営口の民間に伝承されてきた。最も有名なのは兎島の伝説である。兎島は営口の小さな半島であり、三面に海に囲まれている。その形が一匹の兎に似っているために、兎島という名が付けられた。伝説によると、昔に一隻の漁船が山東から来た。兎島の所で、激しい風雨に遭い、方向を失ってしまった。この時に、海の向こうに、赤い光が出てくる。一人の漁民が近づき、道を導いた。漁船はようやく無事に海岸に戻った。翌日、漁船での人たちが自分を助けてくれた人を仙人といい、このために兎島が仙人島とも呼ばれるようになった。伝説とはいえ、このような物語は営口の住民が長期

 

にわたる海との生活関わりによって、海に住む仙人から賜る守護を期待する願いを反映してくるのではないかと思う。このためにも、兎島物語は今まで、人々によく伝承される。

 

営口の地方文化は海伝説の中に見られるだけでなく、山の中にも含まれる。遼南の平野には、熊岳と言う古い町がある。町の東にある果樹林の中に、一つの高い山があり、孤独的に聳え立っている。山頂に、古い塔があり、遠くから見ると、まるで慈母のようで、遠方を眺めている。これが内外にその名を馳せている「中国名勝辞典」と全国小学校教材に掲載され、省級の文化保護に指定されている望児山である。望児山は既に慈母聖地になり、母の愛情を主題とする観光地になり、毎年数多くの内外賓客が訪れ、ここで母に対する愛情と敬意を表す。全国人大常委会陳慕華前副委員長が1998年に望児山を題詞し、「博愛慈輝、光天裕地」ということである。1995年5月、「母を愛する」を主題とし、営口望児山を崇める「中国営口望児山母の日」を創立し、年に一回お祭りが開催される。栄光は望児山の母の愛情を基礎にし、独自な祭り文化を形成すると言えるだろう。

 

 

 

2.2観光と地方文化

営口は観光資源が豊富であり、多くの自然の名所及び人文的な名所がある。望児山、青竜山、雪帽山、赤山、敦台山を合わせた五山、また、月牙湾、白沙湾、仙人島、北海、西海を合わせた五大海水浴場がある。また、楞厳湾、西大廟、盖州上帝廟、望児山大仏、迷鎮山娘娘廟を合わせた五大廟宇などはすでに観光ベルト地帯を形成し、年間の観光客は500万人を超えている。

営口の観光業は近年以来、地方文化と結び付けられ、飛躍的な発展を遂げてきた。以下で、営口の有名な観光地をめぐって、具体的に述べようと考えている。

2.2.1独特な海湾観光文化

営口では、優良な天然海湾がたくさんある。観光地としては、開発されてきたのは今まで、月牙湾、白沙湾などが挙げられることができる。

月牙湾は営口の経済技術開発区にあり、その形が月に似っていることで、名付けられたと言われる。月牙湾では、ビーチが広くて、きれいである。また、ホテルなどの施設が完備され、交通も便利なので、観光客がいっぱいいる。ここで、観光客は一日の伝統的な漁民生活を楽しむことができる。朝、早く小さい漁船で海に出、魚を捕る。夜になったら、漁民の家で、自分の捕った魚などで食事を作り、漁民の特色ある料理を食べられる。このような一日で、少し疲れた感じがするが、みんな楽しそうに見える。また、山に登り、果物を摘んだり、海でサーフィンしたり、することもできる。毎年の夏、観光客はここで、海との親近感を十分に享受し、伝統漁民の生活を楽しんでいる。営口の海湾観光は地元の漁業生活と融合し、お客さんがここで美しい風光を目のあたりにし、自然に親しみながら、本場の海生活をも経験することができる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

 

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号